カテゴリー: 発酵食

甘酒作りのススメとレシピ

No Comments
甘酒は飲む点滴

発酵食講座

風邪予防に甘酒を

そろそろ寒い季節になってきました。周りで風邪をひいている人もちらほら見かけます。

風邪の予防で私がまっさきに思い出すのは、甘酒です。

そもそも甘酒は本当は夏の季語からもわかるように、昔から夏バテ対策として夏に飲まれるものでした。

でも私は冬にも、風邪の予防対策としてぜひ甘酒を飲むことをお勧めします。

甘酒の利点は本当に色々あるのですが、そのひとつとしてあげたいのは、栄養価が増す、ということです。

甘酒は何がどういいの?

普通に食品を食べた場合は、そこに含まれている栄養価以上の栄養を取ることはできないのですが、同じ食品を発酵させた場合は、その食品の栄養価以上の栄養を得ることができるのです。

たとえば野菜の甘酒漬けお漬物は、ナトリウムやビタミンB群、ビタミンK2などが添加されます。

また、ビタミン、ミネラル等の働きを助けてくれる補酵素も含まれているところが甘酒の良いところ。
甘酒
先ほどの骨を丈夫にするビタミンK2、皮膚や髪を作ってくれるビオチン(ビタミンH)、などのビタミンも含まれます。

そして何よりもその吸収率は90%を超えます。甘酒の栄養配分は、点滴とほぼ一緒。だから飲む点滴、と言われているぐらいなのですが、その吸収率の高さからも点滴と同じと言われる所以です。

その他にも腸内環境を整えてくれたり、食べ物を分解してやわらかくしてくれたり、甘酒の糖分はすぐにエネルギーとして脳に回ってくれたり、と天然の精神安定剤であるとともに、天然の風邪予防薬、とでも位置付けたいぐらいすばらしい飲み物なのです。

そしてその飲み物はご自宅で、誰でも簡単に作ることができるのです。

こんなに優れた飲み物はない、と言っても過言ではないかもしれません。

そしてこの時期に何よりうれしいのは、悪酔いも防いでくれる、という点。ご存知でしたか?

食事やお酒を飲む少し前に甘酒を一杯飲んでくと、悪い良いを防いでくれる、と江戸時代からの定説です。当時の武士たちは、お酒を飲む前に甘酒を飲むことが、いわゆる武士のたしなみ、として定着していました。

飲み会前に一杯の甘酒をどうぞ

私たちにはそんな週間はありませんが、これからそろそろ飲み会が増える季節なので、小さな魔法瓶に甘酒を少しだけ入れておいて、飲み会前に一杯飲んでおく、ということならすぐにできそう。

ご自身の健康にも、またご家族や周りの方の健康のためにも、甘酒をもっと身近な健康飲料として取り入れることを、心からお勧めします。

ひとつだけ注意点として、甘酒は飲みすぎには要注意です。

栄養価が高いので、一回に飲む分量はだいたいおちょこ一杯分で十分。グリーンスムージーみたいに、350~500mlも飲むべきではありません。

今年の冬もぜひ元気に、楽しみましょう!!!

栄養価抜群!甘酒を利用したスムージーを3種類ご紹介

甘酒を利用したスムージーレシピをシェアしますね。クックパッドにも掲載しています。
Cpicon 種なしぶどう甘酒スムージー by 元気ラボ
Cpicon 甘酒入り人参のホットスムージー by 元気ラボ
Cpicon 甘酒入ほうれん草とリンゴの美肌スムージー by 元気ラボ

発酵食講座(塩麹と甘酒の作り方と飲み方、アレンジレシピ)

スムージーベーシック (スムージーの基本中の基本を押さえてからアレンジをたくさんします。今月のスケジュール)

Categories: 発酵食