カテゴリー: ガーデニング

多肉植物の寄せ植えに挑戦してみた

No Comments

前からずっと行きたいと思っていた、多肉植物だけを集めて販売している、神奈川県内随一の多肉植物専門で育苗している農家さんに、ようやく行くことができました!

最初は100-200種類程度の品ぞろえだったようですが、今でなんと、500-600種類もの珍しい多肉植物を展示販売しています。サボテンも多品種置いています。


これだけ多肉植物を揃えているところは、私は見たことがないです。
多肉植物大好きな方には、もうたまらない場所だと思います。

ビニールハウス3棟にびっしりと色々な多肉植物が並べられ、観ているだけでも楽しくなってしまいます。

友人と二人で午前中いっぱいじっくりと見て回りました。

金額は一般的に花屋さんで売られている金額の1/3程度でとっても安く購入することができます。

今までは多肉植物なんてまったく興味はなかったのですが、実際にいろいろな種類の多肉植物を観ていると、なんかとってもかわいく思えてしまってとても好きになりました。

私は母親に寄せ植えをプレゼントしようと思い、直感でこれはかわいい、と思ったものを5-6種類選んで購入することにしました。寄せ植えにするつもりで。

一鉢200円程度でとっても安いのが魅力。

それと一緒に培養土(500円)と、肥料の錠剤(260円)も購入しました。

購入する時に、タナベさんから基本的な多肉植物の育て方を伺いました。

水やりは重要なポイントです。

春と秋は鉢が乾いたらたっぷりと上げます。目安としては一週間に一回程度。過剰な水やりは根腐れを起こしてしまいます。

夏は休眠期で成長はほとんどしません。なので、水やりは一か月に一回程度で十分ということでした。

夏は暑いので、ついついあげがちですが、そこはぐっとがまんです。

冬も同じぐらいの頻度で十分ということでした。与えすぎは凍死の原因になるそうです。

一年を通じて夏がとても難しいということでした。

多肉植物は冬の寒さには比較的強い、とのことでしたが、夏の暑さには弱いようです。

置き場所は、日当りがよく風通しのよいところ。ただし直射日光は避けて明るい室内に置きます。

 

栄養の錠剤は4,5,6月と10,11月。夏と真冬は成長はしないので必要なしとのことでした。

さて、購入してきた多肉植物を、100円ショップで買ってきたブリキ缶に、小分けにしてい寄せ植えに挑戦しました。

多肉植物はブリキ缶と相性がよく、自分のセンスで買った三種類の鉢植えに、好きな多肉植物を自由に組み合わせて完成です。

鉢を選んだり、多肉植物を自由に組み合わせたりするのはとても楽しい作業です。

 

お店の人の話では、これらの植物は1年で約倍ぐらいの大きさになってしまうそうです。

今の状態だと小さくてとってもかわいいのですが、成長すると大きくなりすぎちゃうかもしれないですね。

そうなったらまた鉢を入れ替えなくちゃなあ。

そんなことを考えながら多肉植物の世界にしばし浸ってしまいました。

今、巷では多肉植物がとっても流行っているみたいです。

水やりもあまり必要なく、小さくてとてもかわいいので、オフィスに置いておいてもいいかもしれませんね。

フォトジェニックなので、SNSに公開したり、インスタに公開したりする人がとても多いです。

そのせいで、多肉植物の情報がとても多いので、素人の私でも簡単に多肉植物を育てることができます。

私も、本当に可愛らしいのですっかりはまってしまいました。
しばらくこの植物を楽しもうと思っています。

今回、くろこが行った多肉植物販売所をご紹介します。
近くの方で、多肉植物に興味のある方はぜひ足を運んでみては?

タナベフラワー
神奈川県川崎市宮前区馬絹6-25-8
営業 10:00-16:00  (不定休)
駐車場あり(数台停められます)
ナビで行く場合は旧住所で入れたほうがいいようです。
(神奈川県川崎市宮前区馬絹957)
※不定休なので確実に開いている日に行きたい時は事前に電話して確認したほうがいいですよ。
電話044-877-5852

Categories: ガーデニング