スーパーフード バオバブのすごい栄養価

No Comments

数年前まではスーパーフード、という言葉自体が新しく、日本で根付き始めたのも、アサイーベリーやキヌア、チアシードなどのメジャーな食材でした。

でもスーパーフードと言われる以前からずっと存在し続け、海外では人気の食材がたくさんあります。

バオバブもそのひとつ。

バオバブは木です。
星の王子様という物語を読まれた方はピンとくるかも。

ああ、あのバオバブね。

星の王子様はバオバブの芽を小さい時に抜くことを怠ってしまい、やがて3本のバオバブの芽が成長し、やがて小さな星を覆いつくしてしまいます。そしてその根が星を突き破ってしまうのです。

バオバブは主にサバンナに生息しています。この木は本当に色々に利用されていて、ココナッツのように捨てるところがほとんどないのです。

果実は調味料や食用に利用されています。この実はカルシウムとビタミンCが豊富。カルシウムは牛乳より多いと言われていますが、調べてみたらカルシウムどころか、それ以外の栄養素もとてつもなく多いことがわかりました。

ビタミンA、B、C、アミノ酸、食物繊維が豊富でごぼうの約8倍にはびっくりです。
スーパーフードのひとつのアサイーベリーは食物繊維の含油量が突出して高いのが有名なのですが、それよりもはるかに上を行く、49.5g/100gです。(アサイーベリーは34.6g/100g ごぼうは6.1g/100g)

マグネシウムはほうれん草の2倍も含まれています。

ビタミンCはレモンの2.5倍、カルシウムは牛乳の3.6倍です。抗酸化作用もあり、マグネシウムもアボカドの4.5倍です。
メタボリックのパラメータの改善効果があることもわかっていています→資料

そのバオバブの実をパウダー状にしたものを日本で入手することができます。いわゆる、バオバブパウダーです。

このバオバブパウダー、私は時々スムージーに入れて飲むことにしています。

グリーンは何でもよいので、そこにバオバブパウダーをティースプーン1杯ほど。そしてお好きな果物を入れて水を入れて撹拌して完成。 水溶性繊維の含有率が高いので、いっぺんにたくさん摂ってしまうとお腹がゆるくなるので注意が必要です。最大でもスプーン2杯ぐらいまでかな。

パウダー自体はさわやかな酸味があるので、バナナ、パイナップル、マンゴーなんかとの相性が抜群です。南国の木なので、やはり熱帯地方で多く摂れる果物と組み合わせるか、真夏によく私たちが食べる果物と合わせるといいと思いますよ。

実以外では、葉は野菜として、種は油として採取できます。樹皮は煎じて解熱剤に。また樹皮からロープを編むこともできます。

バオバブは、その木の形から、upside down treeとも呼ばれています。形を見れば納得ですよね。

バオバブパウダーを、ご自身のスーパーフードコレクションに加えたい人は、iherbで入手するのが一番手っ取り早くてお安いと思いますので、ご紹介しておきますね。
(直輸入なので安いのです。)
こちらのリンクから入ると新規、リピーターに関係なく5ドル引きとなります。
iherbホームページ(日本語) クリックしたらiherbのサイトが出てくるので、上部の検索窓にバオバブと入れるとバオバブ製品がずらずら出てきます。わたしがいつも使っているmrmのバオバブパウダーは1ページ目の中段ぐらいに出てきます。1300円程度で買えます。

また、私が教室で行っているスーパーフード講座ではこのバオバブのパウダーをテイスティングすることができます。もし物理的にこちら(横浜)にいらっしゃれる方はぜひご参加ください。ありとあらゆるスーパーフードの効用とその使い方を丁寧にご説明します。

6月のスーパーフード講座詳細

その他のビューティー講座
スムージーベーシック

発酵食講座

その他にもあまり知られていない、日本で入手可能なスーパーフードも結構ありますので、時々このブログでまたご紹介しますね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です