月別: 2016年11月

冷えない体にするためには?

No Comments

寒い冬に突入。冷え性の女性がとても多いのですが、これから長い人生を明るく楽しく歩むためにも、まずは体自体がいつもぽかぽかでいられるように、今冷え性で困っている方は体の大改造を行う必要があります。

そのためには、ジンジャーを入れた料理を食べるとか、代謝をもやすために辛いものを食べるとか、ホッカイロをたくさんつけるとか、そういう対処療法的な考えをまず捨ててくださいね。

一番大切なのは、体にめぐっている血液を冷やさないこと、です。

それが一番近道なのです。

ではそのためにどうしたらいいのでしょうか?

いくつか方法がありますのでお伝えします。どれも自宅で簡単にできることばかりです。

まず、なぜ健康で病気をしているわけでもない人の体が冷えてしまうのか?
それには、腸の動きが鈍い、ということがあげられます。

人は食べ物を食べ続けている限り、消化活動が腸で活発に行われている限り、腸は常に熱を発しています。それが体が温まる理由のひとつなのですが、腸の運動が正常でないと、体は冷えを感じてしまいます。

また同様に、血の巡りが悪いと冷たい血液が一か所にたまり、やはりその部分が冷たく感じられます。

血の巡りが悪いとは、血流が遅い、または血が行きわたっていないところがある、ということです。末端が冷えるのは、その部分まで血液がうまく行きわたっていないから、なのです。

どうしてこのようなことが起こるかといえば体を健康に保つための栄養素がうまく隅々までいきわたらないことが原因のひとつです。

そしてその栄養を運ぶ血流が体の末端までいきわたっていないことも原因です。

末端まできちんと栄養素を届けるためにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは食生活を見直すこと。

これは基本中の基本。血液を濁らせるようなものを食べてはいませんか?

体が喜ぶビタミンやミネラルを十分摂れていますか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
冬はローフード(生の植物性食品)を食べずらい、とよく聞きます。

これはローフードそのものが火を通していないため、とても冷たく感じられるのが原因です。

ローフードを食べることでまるごとの栄養と、たっぷりの食物繊維が摂取できるのにもかかわらず、体が冷えるからという理由で食べない。

これは間違いです。

こういった野菜や果物から得られる栄養素は計り知れません。

冷たいなら、常温で食べたり飲んだり(スムージーなど)してみること。

また、ぬるま湯程度の暖かさなら酵素が壊れることはありません。

 

ぜひ今年の冬は腸の動きを活発にしましょう。腸が上手く動くようになれば、腸壁からの栄養も吸収され、体に良いものが入れば、腸内細菌も善玉菌が増え腸内フローラもバランスがよくなり、血流が改善され、体全体に栄養素がめぐるようになり、体が温かさを増していきます。

それとともに運動もしてくださいね。

激しい運動でなくてもかまいません。

自宅でできる柔軟体操、軽いストレッチだけでも十分です。

体がとても暖かくなり、血流がよくなっているのがわかると思います。

体の冷えはすべての病気につながります。

 

ぜひからだを温かい状態にしておくためにも、食事の見直し、運動を、忘れずに。

Categories: 体の悩み