デトックスって知ってる?

そろそろあちらこちらから春の便りが聞こえるようになりました。
春になると毎年やらなくちゃ、と思うのがダイエット。デトックス、という方も多いのではないでしょうか?

かくいう私も一緒です。冬にはどうしても動物の本能からか、脂肪をためこんでしまう傾向があります。そして夏よりも圧倒的に動かなくなりますよね。

脂肪をため込むのは仕方ないとして、春、夏、秋にはさらに活動的に元気で過ごせるように、温かくなったらデトックスをやりたい。

デトックスの簡単なやり方は、今回発行したばかりの、【ミラクルローフードZINE】を読んでいただくとして(定価200円、送料込みで350円)簡単にデトックスがなぜ重要かを理解するためには、細胞の、栄養を届けるしくみを知っておくと、よりデトックスについて理解が深まるかも。

そもそも人間の体というものは、細胞によってつくられています。そこに栄養を届けるのが血管なのですが、実際に栄養を届けているのは毛細血管です。毛細血管は体の隅々まで張り巡らされていて、そこから栄養素が染み出して細胞へと運ばれます。

栄養はまずは細胞膜に届くわけですが、その細胞に栄養素が取りこまれると、その細胞の中にあった、いらない物質が外に出ていくようになっています。

これがデトックス。

細胞の中の老廃物と、必要な栄養素の入替の瞬間です。

で、ここで重要なのは、その栄養素を運ぶ部分のプロセスです。

栄養素が細胞膜まで届けば、そこで老廃物と栄養素の交換ができるのですが、もし人間が消化の段階でうまく栄養素を分解できず毒素がそのまま運ばれてしまったら?

体は万能ではありません。

毒素がたくさん発生するような食事の仕方をしていれば、血液に毒素が入り、腸内環境が悪くなる、ということが起こりえます。

そこで重要なのは、きちんとした栄養素を届けることと、デトックス。

きちにんと栄養素を細胞に届けるためには、当然、食事で何を食べるか、が重要になります。消化を優先させた食事をすることです。

消化がきちんと行われていないと、当然体の中には毒素がたまっていきます。毒がたまっていくと、体はそれを改善しようとして、熱を加えます。それが炎症。

炎症を起こし続けているとやがて病気となってしまう。

だから、炎症を起こさないように、何を食べるか、を選択することがとても需要になるわけです。

毒性のあるものを体に入れない、というのはとても大切なのですが、現代に生きている私たちに毒性のあるものを体に入れない食べ方をするには非常に難しい環境にあります。

魚ひとつ、肉ひとつ食べても毒のある可能性があります。たとえば海自体が汚れていたら?家畜のえさに毒性のあるものがあったら?

これらは個人がコントロールできる範疇ではありません。

そこで解毒(デトックス)する必要が出てきます。どうしたらいいのか?

実は私たちはわざわざ解毒を意識しなくても、毎日解毒を行っています。

それは排便と排尿。でも重要なのはとにかくスムーズに行うようにしておくこと。

特に若い女性にありがちなのは、お通じが毎日でない、とか、毎日出ていても軟便、硬便など、といったトラブル。

便秘や悪い状態の排便はデトックスを妨げるとても大きな要因となります。

便秘を解消するためには色々な手段があるのですが、私自身が実行して成功した経験でお話すれば、今よりgreenの濃い野菜をたくさん食べること、です。

そしてそれと同時に砂糖の入っているもは極力控えること。

もしあなたが、お酒もタバコもそれほどやらない、カフェイン(珈琲など)もあまりとらない人であれば、生野菜のグリーン摂取を増やすことと、砂糖を減らすこと。

まずはこの二つだけを実行すれば、びっくりするほど体が変わります。

私の体で実証済なので、自信をもってお伝えできます。

もちろん元々病気がちであったり、何か特殊な体質の方はお医者様の指導に従ってほしいのですが、何の問題もない、病気もしていない人で、悩みが便秘、であれば実行する価値は十分にあります。

もうすぐ春。この機会にぜひデトックスをスタートしてみては?

デトックススムージー講座

ミラクルローフードZINE 春号の特集はデトックス

Related Entry

心の健康を保つには

勝間和代さんも食事に苦労している

健康的な食事

若さを保つために注意したい、普段の食事の注意点

細胞は風邪を撃退

イメージトレーニングで病気を撃退することができる!?

りんごの収穫 地産地消は大切

フードマイレージの高い国、それは日本

タンパク質と脂質を摂るスムージーの朝食