風邪をひいたときこそ、ローフードを活用する!

風邪とローフード
風邪をひいたときこそローフードを活用しましょう

最近、不覚にも風邪をひいてしまいました。
原因は寝不足。
そして、それによるウィルスを撃退するべき代謝酵素があまり働いてくれなかったから、だと認識しています。

どんな時でも寝不足は良い結果を招きません。

風邪をひきたくなかったら、まずは寝不足を解消することが肝心です。

そう言っている本人が寝不足なのだから説得力は皆無ですが、私も日々努力しています。

寝不足を少しでも解消するためにローフードを

まずは寝不足をどうやったら解消できるか、を考えなくてはいけません。
多くの人がやってしまっている、寝不足に陥る原因、それはふっとした時間が多すぎる、ということ。

?? それってどういうこと?

たとえばぼーっとしている時間、ありませんか? ソファに座って本を読むつもりが、ついついテレビを観てしまったとか、ご飯を食べたあと、急に睡魔が襲ってきてこっくりこっくり、舟をこいでしまった、とか。

あるいはゲームにハマって、1-2時間費やしてしまったとか。友達とラインをしていて、実のない会話に数十分費やしてしまったとか。

私はなるべくそういう時間を減らすようにしてます。

たとえば食べた後に眠たくなる、というのは必ず原因があります。
それは、食べたものを消化するのにとてもたくさんの負荷が体にかかってしまっている時。そういう時は消化する内臓にたくさんの血液が集まってくるので、どうしても他の機能が鈍化します。

だから、眠くならないようにするためには消化が早い食べ物を食べること、がカラダにとって負担が少ないのです。
消化の早いもの、というと胃への滞在時間が短く、すぐに小腸、大腸へ食べ物が送り込まれるもの。

ここでローフードを活用するのです。
たとえば液体系のスムージーや搾りたてのフルーツジュースはあっという間に胃を通過して消化されます。

また、胃液では消化しない、生の野菜、生の果物も消化が早い。だいたい40分もあればほとんどの果物は消化されます。

そういった、いわゆるローフードを中心として食べると、ほとんど眠くなりません。

すると居眠りをしていた時間がなくなり、その間、済ませなくていけない用事を日中に終わらせることができます。

寝不足解消には、その他にいくつかの方法があります。

寝不足解消→1日の始まりに、今日やるべきことを決めておく
to do list

まずは、朝、to do list(やることリスト)にその日に絶対やらなければいけないことを書きとめる。そしてそれをその日のノルマとしてこなしていく。

こうすれば夜、いつ寝てもいい状態になりますよね?そうしたらすぐに寝ることです。

これがなかなかできない。

だらだらしている時間を、人は持ちたいものだからです。
でも、寝不足解消を考えたら、これは寝不足を解消する一つのやり方、だと思います。

寝不足解消→テレビをなくす
テレビをなくす

多くのご家庭にはテレビがあります。
でも、私の友人で何人かは、自宅にテレビがない、と言う人がいます。

話を聞いていると、納得しました。

最近お話した人の一人(男性)は、自由な時間をもっと欲しいから、という理由でご家庭からテレビをなくしました。

その人にはまだ小さな子供がいますし、もちろん奥様もいらっしゃいますが、二人で相談して決めた、とのことでした。

テレビを居間からなくして以来、予想通り、何かをする時間が増えた、とおっしゃっていました。

それまではダラダラとなんとなくテレビを見ている時間が多かったのに、それがなくなると、もっと違うことに時間を費やせるようになったのです。
私は羨ましく聞いていました。

いいなあ。

寝不足解消→家事はとにかく短時間にすます

家事の時間を減らす
仕事以外でもっとも時間を取られているもの、それはなんといっても家事です。

特に洗濯やそれを干したりたたんだり、しまったりする時間。

朝食、夕食作り、弁当作りなど。

冷凍食やチルド食品を極力買わないようにしているので、朝の弁当作りはとても時間がかかります。

だから当然朝も早く、これのせいで寝不足にもなってしまっているのは事実なので、それ以外の家事は、1分でも短縮できるように努力しています。

余分なお金があれば、ルンバも欲しい。お水を沸かす時間も惜しいので、できたら家庭用ウォーターサーバーも欲しい。

家事の時間短縮は、常に私の最大の課題のひとつ、です。

常に元気でいられるように、デンタルケアを怠らない

デンタルケア
どんな時でも健康維持以上に大切なものはない、と断言できます。

健康でなければ、人生を謳歌できない、周りの人に迷惑もかけてしまう。

もしいま、健康で、それを長く死ぬまで保ち続けたい、と思っているなら、自分自身の体のメンテナンスを怠ってはいけません。

そのために、ひとつ、強く言いたいのは、デンタルケアです。

歯の不健康から生じる体への不調、はよくあることです。

怖いのは、高齢者のアルツハイマーの原因として、歯の不健康からくるものもあるのです。

また、食べ物を食べる、という行為が、歯の不健康によって損なわれてしまうことで不健康になってしまう時もあります。

歯でしっかりものを噛む、咀嚼することは脳の健康にもつながります。

咀嚼するために、ローフードを食べる

野菜サラダ
ローフードを食べることは、歯のきちんとした咀嚼をする、ということにもなります。また、砂糖などの高加工された甘味料を極力取らないことへもつながります。

たとえばお野菜。煮たり焼いたりしたほうがやわらかくなるのですが、それよりも、シャキシャキした生の状態で、ブロッコリやピーマンやセロリを食べるほうが、歯を健康に保つことにつながります。

また、微量栄養素のビタミンやミネラルも加熱する以前の状態のほうがまるごといただけるのです。

ドレッシングも手作りしてみましょう。

砂糖の代わりにメープルシロップ。そして着色料や酸化防止剤などを一切いれないフレッシュなドレッシングを作ります。

日ごろから気を付けたいのは、甘いものを、特に砂糖を取らないようにすることです。

砂糖は100害あって一利なし。

砂糖の代わりにローフードを活用してください。
私がもっとも利用しているのは、ドライフルーツ類です。
甘いけれど、自然の甘さなので、カラダに優しい。

デーツや干しぶどうや干しアンズ、ドライイチジクや、その他にもたくさんの甘いドライフルーツがあります。

また、調味料として使うならメープルシロップや、植物性ではないけれど、生のロー蜂蜜も栄養価が高くお勧めします。

このように、体調不良にならないようにするために、ローフードや自然の甘さを利用する、というのが私の提案です。

また、消化に負担のかからないように、また体が弱っている時にこそローフードを食べることで代謝酵素がたくさん使えるようになります。

そうすることで体内酵素があなたの体を守ってくれるようになります。

ローフードはダイエットのため、単なる健康のためだけでなく、体調不良に陥った時、風邪をひいてしまった時などにもどんどん利用できる優れもの、なのです。

元気ラボで開催している講座各種をご案内します。
スムージーベーシック講座
健康管理にもっとも手軽な方法です。

発酵食講座
甘酒、塩麹、醤油麹を作って活用しましょう。

ローフードダイエット(カウンセリング)スカイプで実施(遠方参加可)

ローフードでダイエットする方法、詳しいやり方、毎日の食事内容チェックとカウンセリングであなたをフルサポートします。

女性応援講座
ホームページ作成講座
さあ、自分のホームぺージを作って一歩踏み出しましょう。
誰でも簡単に作成できるホームページ講座です。
サーバーの契約方法や、更新の仕方、写真やイラストアップの方法なども講義可能。目的とレベルに合わせてカスタマイズしますのでまずはご要望をお聞かせください。

Related Entry

紫外線は春先に強い

心の健康を保つには

勝間和代さんも食事に苦労している

しわの少ない女性がやっていること

しわの少ない人がやっている食習慣

グリーンスムージーを飲んでくれていたら、もしかしたら・・・

髪屋から聞いた、知っておくべき話