ロースイーツを作ってみませんか

No Comments

最近は甘いものをあまり食べなくなりました。

といっても以前はとてもたくさんの甘いものを食べていたので、それに比べると、ということです。

私はあんこが入っているまんじゅうも好きです。また洋風のケーキやタルトも大好き。チョコレートもよく食べていました。またアップルパイやチェリーパイ、甘い菓子パンなども大好き。バターたっぷりのカロリ-がありそうなクロワッサンはほぼ毎日食べていました。

今から振り返ってみると、いったい1日にどのくらいの砂糖を体に入れていたんだろう、と怖くなってしまいます。

ここ数年はそういった甘いものは激減し、その代わりにロースイーツを食べる機会が増えてきました。

たとえばチーズケーキなどはローチーズケーキ、チョコはローチョコ、イチゴショートはローストロベリータルト、プリンはローブルーベリープティング。パイナップルシャーベットはローパイナップルアイス、グラノーラはローグラノーラ。

このようなものを普段から食べていると、味蕾(みらい)細胞にも変化が出てきます。

味蕾細胞は3週間で入れ替わります。だから砂糖を3週間がまんできれば、その後は割とすんなりと、砂糖の入ったものを食べることをがまんすることができます。

私はアイスクリームが大好きでよく食べていたのですが、実は最近アイスクリームも食べていません。

時々欲しいと思ってなめたりするのですが、味が美味しいと思えないのです。

前はこのアイス、とっても大好きだったのに今は美味しくない、と感じてしまう。

それよりも自分で作った本物のパイナップルで作ったローアイスのほうが何倍も美味しいと思ってしまう。


(イチゴソースをかけて食べるパイナップルアイスはとても美味しい!)

人間の舌って本当に変われば変わるものです。

もちろんロースイーツだからといって食べ過ぎはよくありません。

でも少なくても添加物や白い砂糖や牛乳やバターが入っていないロースイーツは、そういったものが入っているスイーツと比べたら、人間の体にあまり負担のない、体に優しいスイーツだと思います。

作るのは面倒でも、いったん作って冷凍しておけばある程度持ちます。

私は先日作ったパイナップルアイスを時々食べて満喫しています。

少し食べても十分な満足感がありますので甘いものを食べながらダイエットにもなりそう。

定番のローケーキはナッツを使うことがとても多いので、カシューナッツやアーモンドやクルミなどに抵抗のない方はぜひ一度テイスティングしてみてほしいなあ、と思います。

ロースイーツワークショップのお知らせはこちら

Categories: ロースイーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です