シナモンが毛細血管維持にいい理由

シナモンは毛細血管を強くする

生きていく上で、毛細血管の維持がもっとも大切なこと、なのかもしれません。
人間の体の血管は主に静脈と動脈、そして毛細血管がある、と思っていたのですが、実はそうではなく、毛細血管が血管全体の99%。静脈と動脈はわずか1%にすぎなかったのです。

しかも、毛細血管を全部つなぎ合わせると、地球2週半もあるというすごさ。

毛細血管の中を赤血球が通っているのですが、毛細血管自体はものすごく細いため(5~10μ)、赤血球(約8μ)はその細い管をなんとか通れる大きさです。
もし毛細血管が痛んでいたりすると、もう赤血球はそこを通ることができません。

毛細血管はあらゆる栄養と酸素を運んでいます。それだけでなく酸素と二酸化酸素の交換は毛細血管でしか行われていません。また老廃物の回収も行っているのが毛細血管です。

毛細血管が加齢のために機能しなくなってしまうと、体のあちらこちらに影響が出てくることが最新の研究で明らかになっています。

まず一番にその影響が現れてしまうのは、肌です。特に女性に大敵なシミやシワなどの肌に現れてしまうことや、髪の毛が抜けてしまうのも、毛細血管が機能しなくなってしまった結果。栄養がお肌までいきわたらないことが原因です。

さらに多くの女性が悩んでいる冷え性も、毛細血管が機能しなくなってしまったことが原因です。

それだけではなく怖いのは、毛細血管というのは体の中の臓器、心臓にもたくさん流れています。けれども毛細血管が減ってしまうと酸素や栄養が足りなくなり、やがて臓器が正常に機能しなくなってしまうのです。

アルツハイマー病も、この毛細血管の減少によっておこる可能性があると言われています。

毛細血管は40代を過ぎるころからじょじょに減っていくと言われていますが、同じ年齢なのに、毛細血管が多い人と少ない人がいます。

なぜ違いが生まれてくるかと言えば、それはまさに生活習慣の違い、なのです。

たとえば運動。
運動はしたほうがいいでしょう?と思うのですが、あまり激しい運動は逆に体内に活性酸素を生み出してしまいます。それが毛細血管にダメージを与えます。

激しい運動

激しい運動は活性酸素を生み出す

 

では食生活では何を気を付けたらよいのでしょう?

毛細血管にもっとも影響を与えるのは、AGEと言われています。
これは、終末糖化産物といって糖とタンパク質が熱せられてできる物質です。

AGEは動物性タンパク質を加熱した食品に多く含まれていて、その約7%が体内に蓄積してしまい、毛細血管にダメージを与えます。

動物性タンパク質の加熱

動物性タンパク質の加熱がAGEを生む

 

毛細血管の健康を保つために、とてもいい食材があります。

それはニッキ、シナモンの元になっている桂皮(けいひ)です。桂皮の中に含まれるエキスが、毛細血管の健康を保つために非常にいいといことが研究でわかっています。

毛細血管は内側にある血管とそれを守る壁細胞(へきさいぼう)から成り立っているのですが、そのふたつをつなぎ合わせるタイツー(Tie2)を活性化させることによって血管の健康を保ちます。

その健康維持のためには、桂皮のエキスがとても有効なのです。

ですから若々しくみられたい、健康でいたい、と思うなら毛細血管の維持のために、シナモンを1日0.6g程度取り、加熱した動物性タンパク質の摂取をなるべく減らし、活性酸素を生み出してしまう激しい運動を避ける、

これがあなたを健康にしてくれるのです。

私もスムージーに時々シナモンを入れて楽しんでいます。
リンゴや洋梨のスムージーにシナモンを一振り。ぜひお試しくださいね。

スムージーベーシック(講座)
発酵食講座
健康になるための元気ラボ健康教室スケジュール

Related Entry

健康的な食事

若さを保つために注意したい、普段の食事の注意点

デトックスって知ってる?

勝間和代さんも食事に苦労している

鼻はインフルエンザを予防する

鼻の使い方でインフルエンザが予防できる!

りんごの収穫 地産地消は大切

フードマイレージの高い国、それは日本

ボケない食材の食べ方