腹立たしい朝食

先日、テレビで芸能人の朝食を紹介している番組がありました。

他人の朝食はちょっと興味があって、ついつい見てしまいました。

朝食の内容は本当に様々で、典型的な和食であったり、パンとコーヒーの洋食であったり、朝からカレーを食べていたり。

10名程の朝食を紹介していましたが、スムージーだけを飲んで朝食にしている人は、一人もいませんでした。

残念。

でもただ一人だけ、これはいいかも、という朝食内容が目にとまりました。

彼女のスターターはジュースでした。


スムージーではないけれど、野菜や果物のジュースは消化がスムージーよりもダントツに早くて吸収率も高いのです。唯一スムージーと違うのは、食物繊維が入っていない、ということ。

私はスムージーをお勧めしますが、腸のご病気の方や過去に腸の病気を患ったことがある方、ジュースのほうが体に合っている、と思う方はまったく問題ないと思います。

ただし、市販の野菜ジュースやフルーツジュースではなく、あくまでも自分で作ったフレッシュジュースに限ります。

次に彼女が食べていたのはスーパーフードがいろいろ入っているグラノーラでした。


他の人たちとは明らかにまったく違う彼女の朝食を見た栄養士は、こう言いました。

「腹立たしい朝食ですね。」

いったいどういう意味なんだろう。

「こういう朝食がいいと思った人たちが、あなたの朝食を真似てしまうのが困ってしまいます。」

実はその朝食を食べていたのは、モデルさんでした。

スタイルもよく顔も美しく肌もキレイなその人が食べていた、ジュースとスーパーフードグラノーラの朝食。

こういう朝食を食べれば美しくなれそう、と思って真似る女性がいるかもしれない、と思ったのでしょう。

確かにそうかもしれませんが、生の野菜や果物の価値を認めないその栄養士さんにはちょっとがっかりでした。

そして、まだまだローフードはマイナーな存在、まだ世間には認められていない存在なのだ、とその時改めて認識したのでした。

私は、トース―トやバターたっぷりのクロワッサン、牛乳やコーヒー、ヨーグルトなどを食べていた朝食から、スムージーや果物だけの朝食にして以来、本当に体が軽くて頭もスッキリして、午前中は快適に生活しています。

その人に合う朝食と合わない朝食があるかもしれませんが、それでも生で食べる果物や野菜が与えてくれる恩恵は計り知れない、と思っています。

特に朝食に生の野菜や果物を取り入れるということは、午前中に排泄をしたがっている体にもっとも優しい食事なのです。

私は、いくら腹立たしい朝食だと言われても、こういった選択肢もあるのだ、ということを引き続き多くの人に伝えていきたい、と思っています。

8月のスムージーベーシックのご案内

9月のドレッシングワークショップのご案内

※スーパーフードのグラノーラはスーパーフード講座にてお出しします。
スーパーフード講座

 

Related Entry

疲れた時にはきなこにアマランサスと納豆!